シェルティのあロコ&りの♡MAHALOな時間

保護犬だったのあとロコとりのを家族に迎え、幸せをいっぱいもらっている日々のMAHALO(ありがとう)な出来事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のあとロコの生きる理由


今日のブログはちょっと長くなちゃいます。

文ばかりなのですが、どうぞ読んでください。


先日、神戸のメリーちゃん達と朝霧で待ち合わせをした日、

FDGのカフェで久しぶりにお会いするご夫婦がいらっしゃいました。

この方達は、いつもお会いする度にロコの事を可愛がってくれます。

以前のブログにも書きましたが、

ご夫婦の会話で“息子のお嫁さんにはどんな子がいいかしら”の奥様の問いに、

“ロコちゃんみたいな子”ってご主人様が答えたそうです。

その話を聞いた時、涙か出たほど嬉しかったです。。。

ロコがこのご夫婦のように心から可愛がってくれる家族の元で暮らしていたら、

ずっと幸せでいっぱいの毎日だったでしょうね。

この歳になってから捨てられる事もなかったんだと思います。

飼い主次第で歩く道が違ってしまう。

哀しい事だけどのあやロコみたいな子はたくさんいます。

もし今、次の仔をと考えてらっしゃる方がいらしたら、

チョットでいいから、

捨てられてセンターの中で命の火が消されようとしている子たちを見て下さい。

思い出してください。


150_convert_20130925180735.jpg




姪が私に話してくれた事が頭の中から離れません。。。

もう何年も前になりますが、

姪が中学生の時に先生がセンターの中で飼い主を待ってる子たちの話を、

写真を見せながら話してくれたそうです。

姪はその話を私にしてくれました。

その子達は、飼い主や里親になってくれる人たちが現れなかったら、

何日か後には殺処分されてしまうと。

その様な子たちっていっぱいいるんだよ。。。

ねえね(私)が思ってるよりいっぱいいるんだよ!!

生きたくても生きられない子達がたくさんいることにショックだったそうです。

彼女が私に聞いてきました。

“なんで、わんちゃんやねこちゃん達を殺しちゃうの!

小学生の時に先生に、お友達をいじめちゃダメ!って教わったよ。

人を捨てたり、怖いところに入れて順番に殺したら、すごい事件だよね。

わんちゃん達を殺しても事件じゃないのはなんでなの?

私たちと同じ命なのに”

目から涙をいっぱい流して私に言ってます。

どう答えていいのかわからなかった。

実際にその事は行われてるし。。。

今は殺処分0を目標に頑張って下さってる方達もいっぱいいらっしゃいます。

センターから引き出してくれてる団体さんや人達もいっぱいいます。

でも、追いつかない。

捨てる人がいるかぎり、お金儲けの為だけに子供を作ったりしているかぎり、

哀しい子達は減らないんですよね。


先生がこうも言ったそうです。

センターの人達は、

哀しいけど仕事だからしたくなくてもそうしてるんだって。。。

悪い人達は捨てる人たちなんだって。

殺処分、この言葉も嫌いだって言ってました。

処分。。。


中学生だった彼女にはあまりにも重くって哀しい話だったんでしょうね。

何年かして私達がのあを引き取った時も、

しばらくは恐くて触れなかったんです。

もし自分が犬で、

のあ達のように捨てられてセンターに入り順番にその日を待ってる。。。

その事を思ったら怖くて仕方なかったんだと思います。

それでそこから来たのあに対してどうしたらいいかわからなかったんだと思います。

今はのあとロコの頭をじっと見つめながらだまーって撫でてます。



姪が言ってくれました。

いつか自分が犬を飼う時は、センターから引き取りたい。。。と

ありがとう


141_convert_20130925180704.jpg



私がこんな大きな問題を書くことに対して少し怖い気もしてます。

何か言われるかもしれない。

でも、殺される子達の事を想ったら言わせてもらいたい。

言葉を言えない子達の代わりに、せめてのあとロコの代わりに言いたいんです。

私のブログでのあロコの事を知り、自分の犬を最期まで愛情と責任を持って、

家族として一緒にいたいって言って下さった方がいます。

多くの人にわかってもらいたい!なんて、私のこの文章から思いません。

でも、こうして一人の方にはわかってもらえた。

その事が嬉しいです。

のあとロコの生きていく理由はそこにあるんだって思います。


無駄な命などないんです。

捨てないで!助けて下さい!家族にしてください。。。

そして、無理やり子供を作らないでほしい。

死んで逝った子達もそう思っていたと思います。

192_convert_20130925180801.jpg


きちんとした文章になってないかもしれませんが、

最後まで読んでくださってありがとうございました。


のあロコママ








スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/26 16:33分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ 

ありがとうございます。

私は勇気ありませんよ。
こうしてブログにして書きましたが、今も心は揺れています。
でもね、姪が言った言葉が何年経っても心に突き刺さったままなんです。
あの日姪が涙を流しながら私に話してくれたことを、
姪も傷ついたけど怖かったけど、
いつかはセンターから引き出した子を家族にしたい、っていう思いを伝えたかったんです。
それに、今ものあロコを見ていて思うんですけど、
誰かが助けてくれなかったら、
こうして私達のそばに居ない子たちなんですよね。
そう思うと恐ろしくって。。。

のあもロコもだまってその時を待ってる、
そう考えたら自分が“何偉そうなこと言ってるんだ”とか、“そんなこと言ったってあんたも偽善者だよ”って言われても、
この子たちの置かれた辛さに比べたら、辛くはないって思えたんです。
色々な考えの人がいるのもわかってます。
ただ、私に出来ることは、こうして眼の前にいるのあロコが思ったであろう、捨てないで、助けて。。。っていう言葉です、思いです。

私も鍵コメさんと同じ思いです。
命なんですものね。

のあを引き取りに行ったときに団体の責任者の方が仰ってました。
この仔を引き取ってもらえたので、また一匹保護できます。
あなた達はのあちゃんだけじゃなく次のもう一匹の仔も助けてくれたんですよ。って

鍵コメさん、ありがとうございました。
  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/26 18:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

何にも出来ていない私には読んでいて申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
姪っ子さんの涙は本当に重いですよね。
心ない飼い主を失くすためにはどうすればいいか、それは永遠の課題なのかもしれません。
うまく言葉にできませんが、ママンの気持ちはきっと多くの人の心に届くと思います。

のあちゃんとロコちゃんを保護し我が子として迎えたママンとパパンに、そしていつもシェルティーの為に奔走して下さっているシェルレスの皆様に心から感謝します。
  • posted by ルークママ 
  • URL 
  • 2013.09/26 20:54分 
  • [Edit]

ルークママさんへ 

ママン。。。ありがとう。

関心のない事や無知な事が一番怖い事だって思います。
だからママンは何も出来てないなんてことは、決してない!!
ママン、わんこ達のために布でボール作ってくれてるじゃん。
それからなにより、ルーク君を大事に大切と一緒にいる。。。

はい、姪の言った言葉、涙はとっても重かったです。
もう何年も前の事だから、今の気持ちは聞いてないけど。
一度は考えて思ってくれた、その事だけでもよかったかなと思ってます。

シェルレスさんたちの、この子を助けたい!って言う気持ち、
いつも頭が下がります。
感謝してます。

今の私に何が出来るのか。。。それはのあロコを見てもらう事。

ママンいつもありがとう。
本当にありがとう(*^_^*)
  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/26 21:17分 
  • [Edit]

ママさん 有難う 

こんにちわ
とても、勇気のいる内容ですね。
本来なら楽しい事ばかり更新していればなんの心配もないのに、そんな事を思う私も、正直他人の目を気にしているのでしょうね。
本心を書けない自分に対して自分が嫌になりますが・・・
のあロコままさんの心に残っていた事を公表する勇気には頭が下がります。
少し状況は違いますがマァラスもまた、事情があって、ブリーダーさん所に半年も居ました。
もう性格は出来上がっていました。
わんこも、いろんな事が解ると思ってます。
せめて、これ以上 悲しい子が増えない様に、少しでも協力はできるつもりです。
そして、飼い主さんも元気で笑っていて下さいね。
それこそが飼われている子達の幸せだと思います。

生意気を言いました。のあロコちゃんはこの後もずうっと一緒だね。
  • posted by マァラスママ 
  • URL 
  • 2013.09/26 21:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは

まずは謝らないといけないですね

先代のミミをなくしたとき
保護犬を引き取ろうと何度も覗いたサイト・・・
そう・・・あの頃はそう思っていたのですが
前の犬を亡くしたばかりということもあって
すぐに別れが来るかも知れない老犬には目を伏せ
今まで寂しい思いをしたのだから
出来るだけ留守番の少ない家庭・・・
という条件に悩み、
結局リラをペットショップで迎えてしまいました

あの頃勇気の無かった自分が
ちょっと悔しいです・・・

先日行った動物愛護デーのイベントの
聴導犬のコーギー君も
実は保護犬出身です

一頭でも多くの保護犬が
どんな形でも大切にしてくれる
家族に出会えることを祈っています
  • posted by ラナ 
  • URL 
  • 2013.09/26 23:10分 
  • [Edit]

のあちゃんもロコちゃんも 

ラッキーな子なんです。
「殺処分」聞いた事はあっても、実際すぐ近くの地域でもあることなんだという認識はありませんでした。

私は善を施したつもりはないんですよ。
家族を待っている子がいて、ワンコと暮らしたいと思っていた私たちと糸が繋がっただけ。
ひょっとしたら今ここにはいなかったかもしれない子が隣で笑ってくれてます。

「もの言わない者達の事を最優先しなさい」これが私のポリシーてす。
「ちょっと待ってね」って言ってますけど(^^;) 

ままさんの一人だけにでも伝わった思い、大切だと思います。







 
  • posted by ☆あび~☆ 
  • URL 
  • 2013.09/26 23:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

知識の乏しく よく知らないことが、たくさんあるのですね。
私が、子供の時に家の前の溝に捨てられてた子犬を助けてそのまま家の子にして育てたことがありますが、当時は小学1年くらいでほとんど母が世話をしていたんじゃないかな・・・・
殺処分される前に直接引き出して家の仔に迎えられた話はきいたり出会ったりしていますが、実際のところ何も出来てないない現状 申し訳ないことです。。。。。
ただ、思うことは保護された仔のお顔が、愛情のある家の仔になると見るたびに変わっていき 甘えた姿を見せてくれるそんなことを見せていただけることに感謝しています。

ただ、飼い主の勝手な都合で一緒に暮らした家族を放棄したりなんて考えられないよ。病気になっても年老いても愛おしさが募っても捨てるなんて酷すぎるよ。
いろいろ腹立つけど何にも私はしてないので偉そうなことはいえません・・・・・・ただ頭が下がります。
そして私自身人目を気にして本心を書かないでいることもたくさんあります。。。。。でもどう書いても言う人は言う 何もしなくてもとやかく言う人はたくさんいるのでそこは適当にスルーして
家族の為 元気で生活する日常を心がけてます。油断するとすぐ凹むママですが、私が凹むと2ワンすぐ伝染して調子を崩しますので空元気でも頑張っているのよ。
とりとめもなく長々と書いてごめんなさいね。
  • posted by merrymama 
  • URL 
  • 2013.09/27 05:28分 
  • [Edit]

マァラスママさんへ 

ありがとうございます。

そうですよね。。。
いつものようにのあロコとの楽しい事を書いてれば。。。ですよね。

今年のお盆に実家に帰った時、
この話にでてくる姪がやっとのあの頭を撫でられたんです。
のあが来た時に、私が無理やり撫でてあげて!って言った時以来なんです。
自分から自然にのあを撫でてました。
嬉しかったから、写真にまで撮っちゃったくらいです。
その写真を昨日久しぶりに見た時に、書きたいって思っちゃたんです。

書いて世に出してそして、今もとっても不安な気持ちでいっぱいです。
書き方やとらえ方で内容は変わってしまう。
そうするとせっかくの姪の想いものあロコの事も、
ダメになってしまいそうで。

マァティ君たちも事情のあった子たちなんですね。

私は決して勇気のある人間じゃないですよ。
わんこ達の事を想っていても、自分可愛さで情けない人間です。

でも、何を言われてもしょうがないと思ってるので、
コメント欄はそのままにしてます。

ママさんありがとうございます。
はい、のあロコはこれからもずーっと私達と一緒です!!
  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/27 11:35分 
  • [Edit]

ラナさんへ 

ありがとうございます。

ラナさん、謝らないでください。
謝らなくたっていいんですよ。
だって、保護犬に心を寄せてくれたじゃないですか。
わたしは、謝らなくては、
本当に謝らなくてはいけない事をしてしまってます。
もし前の私のブログを見る機会がありましたら、読んでください。
れあちゃんと言う子を一度は家族にと迎えましたが、
自分の不甲斐無さで手放しました。
今はとても優しいママさん達のもと、
たくさんのシェルティと環境の良いところで幸せに暮らしています。

そんな私が声を上げてもしょうがない、
誰の心にも届かないって思ってます。
でも、その批判を受けても話したかったんです。
姪の想いも一緒に。

ラナさんが可愛い仔を亡くした時の気持ち、
次の仔への気持ちとってもわかります。
私達もそうでしたから。
のあを迎える半年前にメリーを亡くして、
暫くはわんこを飼う事も見ることも出来ませんでした。
でも次第に次の仔を飼いたい。。。と思うようになって。
私達も赤ちゃんから飼ってみたい気持ちもあったんですよ。
実際探してもいました。
同時に里親募集のわんこも見てました。
それで今のあとロコが家族になったんです。

ラナさんがリラちゃんを家族に迎えて下さらなかったら。。。
売れ残った子達の行く末も怖いです。
だからラナさんは何も謝ることはないんですよ。
なんて、偉そうに言ってしまってごめんなさい。
だって、リラちゃんはラナさんちの仔になって幸せなんだから。

とても辛いお話をさせてしまって、私こそごめんなさい。


  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/27 12:13分 
  • [Edit]

 

こんにちは!

姪後さん思いやりのある優しい方なんですね。

うちも先住犬が亡くなった後里親になるために色々動いてました。

でも仔犬のレンに出会ってしまって
私の一目惚れでした!
その後知り合いが飼えなくなったコーギーのハルを迎えました。

今はこの二匹をきちんとと最後まで見守る事をしようと思ってます!

でもこの年になってレンハルのお陰で 新しい出逢いや経験が出来ています、
レンが居なければママさんには会えませんでした!

二匹に感謝です\(^o^)/
  • posted by レン母 
  • URL 
  • 2013.09/27 12:30分 
  • [Edit]

☆あび~☆さんへ 

ありがとうございます。

アネラちゃんものあロコも命を繋げた子たちですものね。
本当にラッキーな子だと思います。
のあも、センターに居た時に獣医の先生が来ていて、
この仔だったら里親が見つかるって団体さんに引き出してもらった子です。
のあに会えたこと縁だったんだと思います。
それでのあが良い子だったからロコを迎えられたんだと思います。

私も自分が良い事をしているとかは思ってません。
偽善者と言われたこともあります。
でものあロコの事は、
機会があればまた、誰かに話してると思いますよ。
だって、この子達のこれまでの事を知ってるのは、
私達家族しかいないから。








  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/27 13:03分 
  • [Edit]

merrymamaさんへ 

ありがとうございます。

私も知らなかった事ばかりです。
縁あってのあとロコが家族になったのだから、
言えることは言ってもいいかな。。。って書いてしまいました。
ブログにアップしながら、まだまだグズグズの私です。
のあロコや、
いまも迎えに来てくれる家族を待ってるわんちゃん達の顔を見ると、
もしかしたら私が言うべき事じゃないかもしれないけど、
書かせてもらいました。
リスクは十分わかってるつもりです。
私よりもっともっと頑張ってわんこ達の為に戦って、
世話をしている方達はいっぱいいます。
だから、私なんかが今回の事を書くのはいけなかったかもしれない。

ママー本当にありがとう。
とっても嬉しかった。。。
ママ、のあロコは可愛くなって来たでしょうか。。。

もう、ママに会いたくなってきたよー
  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/27 13:19分 
  • [Edit]

レン母さんへ 

ありがとうございます。

レン母さん、憶えてますでしょうか。
レン母さんが以前コメントで下さった言葉。
嬉しくって今回書いてしまいました。
のあロコや保護犬たちの事を知って、
今一緒にいるレン君を大切に最後まで家族として暮らしていくって、
言ってくれましたね。
それがのあロコが生きていく理由。。。だって思ったんです。

レン母さんありがとうございます。
いつかハル君にも会いたいな。
もちろんレン君もです。

私も思います。。。
のあロコがいなければレン母さんと会えなかったんですものね。
可愛いわんこ達に感謝です。

  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/27 13:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

会えない時もブログを通してのあちゃん ロコちゃんに会うたびに優しいお顔になってパパさんママさんに甘えるようなしぐさを見せたり幸せになっていく姿 可愛く愛おしくてたまらないですよ。
主の愛情を受け環境が変わるとこんなに違ってくるのかと実感しています。そのことをワン友さんに話したこともありますよ。
中にはそんな悲しい犬生を送っている仔がいることも知らないまま過ごす方も多いようですね。
とにかく幸せな人生 犬生をと願うばかりです。
  • posted by merrymama 
  • URL 
  • 2013.09/27 21:04分 
  • [Edit]

merrymamaさんへ 

ありがとう、ママ!!

ママにそう言っていただいて、とっても嬉しいのと、
のあロコを幸せに出来てるんだって、安心しました。

まだまだ、哀しいわんこ達の事を知らない方達もいますよね。
でも、いつでもいいから知った日から、
その子達の事を考え思ってくれればいいと思います。

ママに会えたこと本当に幸せに思ってます。
これもママのメリーちゃんと、
うちのメリーの繋いでくれた縁ですものね(*^_^*)
これからもよろしくお願いします!!
  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/28 19:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

プーちゃんの飼い主さんを探しているときに小中学校にも貼り紙をお願いしましたが良くても 「ハイ。分かりました」 程度。。
酷い所は 要らない物を持ってきて。。。っていうオーラがバリバリで 「貼るかどうかは分かりませんが?」 でした。
ちゃんと説明したのに・・期限を過ぎるとセンターに連れて行かれて殺処分になるかもしれないって。。どこの学校もその話に対して 「それで?」 っていう感じでした。
貼り紙も勿論はってほしいけど 私の話を聞いて子供達にこの話をどうしてしようとしないのか!?
今の学校はどうなっているのか!? ってすごく思いました。
姪っ子ちゃんは良い先生にめぐり合えたと思います。

でもね。。。私も偉そうなことが言えません。
コメントのお返事にも書かせていただきましたが プーちゃんを引き上げに行ったときに居たもう1ワンさん。。
未だに心が痛みます。
  • posted by のえママ 
  • URL 
  • 2013.09/28 20:17分 
  • [Edit]

のえママさんへ 

ありがとうございます。

ママ。。。個人の力には限界があると思います。
気持ちでは私も、あの子もこの子も引き出してあげたい、
里親になってあげたい、って思います。
私も偉そうなことを書いたけど。。。
けっきょくは制限しちゃってる。
今はとにかくのあとロコを最期まで家族として愛してあげたい、
一緒にいたい。
ママ。。。優しすぎるんだと思いますよ。
きっとどこかで線は引かなくっちゃいけないのかも。
きっと色々な団体さんも個人で活動してる方達も、
みんなそのジレンマと日々戦ってるんだと思います。

姪にこの話を聞いたのは姪が確か中2の時だったと思います。
産まれた時からおじいちゃんの家には一代目タローがいたし、
私の家に来ればメリーがいる、
そういうわんちゃんがそばに居る環境で育った姪には、
捨てられて殺される話はとってもショックだったんだと思います。
だから私にも話してくれたんだと思います。
あの時に一緒に話を聞いた子達の心の中に、
今でも少しでいいから残ってくれてたらって思います。

そうすれば大人になっても、ママさんが感じられたような人にはならないかも。

ママ、頑張ってね(*^_^*)
応援しかできないけど、
のあロコと一緒にプーちゃんの事応援してます!!



  • posted by のあロコママ 
  • URL 
  • 2013.09/28 20:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

のあロコりのママ

Author:のあロコりのママ
シェルティ大好きハワイ大好きママとパパです。

365日のカレンダー

最新記事

シェルティレスキュー

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

SSD48(LV)

SSD48

SSD48・2011

のあ&ロコありがとう!

箱根パノラマパーク2013.6.23

2013夏合宿in河口湖

シェルティパーティー2013@朝霧FDG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。